カロリーは関係ない

カロリー制限をすれば

 

簡単に痩せられると

 

当たり前のように思っていませんか?

 

 

 

「食べなければ簡単にやせる」と。

 

 

 

ダイエットをしている女性たちは、

 

食べたいものをガマンして、

 

必死に努力してカロリー減らしに励んでいるというのに、

 

うまくいかないのが現状です。

 

 

 

カロリー計算とは、

 

 

果たして本当に意味があるのでしょうか。

カロリー制限ではうまくいかない

みなさんはどれだけのカロリーを

 

1日でとっているのでしょうか。

 

 

 

当時、私は1日1,700キロカロリー以下でした。

 

ちなみにそのとき厚生労働省の定める食事摂取量は

 

1日1,750キロカロリーでした。

 

 

 

もし、カロリー制限で簡単にダイエットできるのであれば、

 

すでにスリムなカラダになっているはずですよね?

 

 

 

少なくても、厚生労働省が定める平均よりも下回る体重になっているはずです。

 

 

 

 

 

 

でも、うまくいきませんでした。

 

うまくいかないどころか、

 

 

 

むしろ太っていたと思います。

 

 

 

たぶん、このサイトを読んでいるみなさんの多くもそうなのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

1日のカロリー摂取量を決めて、

 

日々の食事のカロリーをチェックして、

 

なるべくカロリーの少ないものを選ぶようにして食品を選ぶ。

 

 

 

でも、現実にはうまく痩せていってはいないのではないでしょうか。

 

 

 

そんな実体験からもわかるように、

 

ただカロリーを減らすだけではダイエットはうまくいかないのです。

 

健康で美しいダイエットを目指すなら

健康的で美しく、しかもリバウンドしないダイエットを目指すなら、

 

カロリーを減らして一時的に体重を落としても意味がありません。

 

 

 

逆に必要な栄養素をプラスして、

 

効果が出やすいカラダをつくることが大切なのです。

 

 

 

 

 

 

そのためにはどうしたらいいと思いますか?

 

 

 

 

 

 

答えは簡単なのです。

 

 

 

 

 

 

今のあなたのカラダは、あなたが食べたものでつくられています。

 

決して体質ではないのです。

 

 

 

でも、

 

 

 

  • うちの家族はみんな太っているとか
  • あの子の兄弟はみんなぽっちゃりだ

 

 

 

とか思っているかもしれません。

 

 

 

 

 

 

そしてそれは、

 

 

体質とか遺伝のせいではないかと。

 

 

 

 

 

 

でも、それは残念ながら体質や遺伝のせいではありません。

 

 

 

 

 

 

家族で一緒に過ごしていれば、

 

食べるものは当然同じになるはずです。

 

 

 

カラダは食べたものでつくられるので、

 

同じものを食べていれば、

 

同じ体型になるのは当然ですよね。

 

 

 

だから、その今のカラダがダイエット効果が出ないカラダなのであれば、

 

 

 

話は簡単。

 

 

 

 

 

 

食べるものを変えればいいのです!!

 

 

 

 

 

 

レストランやお惣菜店などに行くと、

 

メニューにカロリー表示がしてあるのをよく見かけますよね?

 

 

 

今までのあなたなら、

 

その数字が気になっていたと思います。

 

 

 

「少しでも数値の低いメニューを選ばなくっちゃ」と。

 

 

 

でも、そんなことは忘れましょう。

 

 

 

 

 

 

これからは、

 

 

 

今の自分に足りない栄養素が入っている料理は何か?

 

普段の食生活では食べないものは何か?

 

 

 

 

を基準にメニューを選ぶようにしましょう。

 

 

 

「カロリー神話」

 

 

惑わされてはいけませんよ。