寂しいと太る?

責任あるポストを任され、

 

毎日忙しいというキャリアウーマン。

 

 

 

美人でファッションセンスもばっちりのセレブ風OL。

 

このような方々もダイエット方法に関する悩みを多く抱えています。

忙しく働くキャリアウーマンのダイエット方法に関する悩み

このようなキャリアウーマンやOLは

 

特に太っているわけでもない人が多いのですが、

 

彼女たちは、ダイエットをしようとしているのに

 

「過食が止まらない」

 

という悩みを抱えていることが多いようです。

 

 

 

「過食でも今太ってないのだからよいのでは?」

 

と思うかもしれませんが、

 

過食という時点で栄養バランスも崩れてしまっていることが多いため、

 

今後太ってしまう予備軍の可能性が非常に高いのです。

 

 

 

このような「過食」の悩みを抱えている彼女たちの特徴は、

 

「人と一緒にいるときは普通なのに、

 

一人になったとたんに食べるのをやめられなくなる」ということ。

 

 

 

明らかに心に何か問題を抱えています。

 

 

 

簡単に言うと、その問題のほとんどが、

 

 

 

「誰かに愛されたい」、「寂しい」

 

 

 

という心の空腹です。

 

 

 

しかし、たいてい本人たちは

 

 

 

「仕事が充実しているから、恋人がいなくても寂しくない」

 

「私は孤独なんかじゃない。だって友達もたくさんいるんですよ」

 

 

 

と思っているようですが、

 

自分でも気づかない心の奥の本音は本当にそうなのでしょうか?

 

 

 

小さい子どもを見るとわかりますが、

 

親が忙しく、甘えたくても甘えられない子どもは

 

よく指を口にくわえています。

 

 

 

赤ちゃんのとき、お母さんのおっぱいを吸って安心した記憶が残っているからでしょう。

 

だから不安なとき、寂しいとき、

 

赤ちゃんの時と同じように唇に何かを触れさせることで、

 

心の空白を埋めようとするのです。

 

ダイエットしたいのに「過食」をしてしまうということ

大人になってもそれは同じことです。

 

「過食」してしまうということは、

 

「食べる」という行為で、唇に何かを触れさせようとしています。

 

 

 

つまり、本人たちは無意識でも、

 

それは「愛されたい」と願う気持ちや寂しさのサインなのです。

 

 

 

一人になったときに食べてしまうのは、

 

人と一緒のときは、その寂しさを表面的に紛らわすことができるからでしょう。

 

 

 

まずは、本当に寂しい自分に気づくことから始めましょう。

 

頑張りすぎず、素直に愛を求めていいのです。

 

それが分かれば、必ず正常な食欲に戻ってくるはずですから。

 

 

 

正常な食欲に戻れば、ダイエットは簡単にできてしまうものです。