痩せる水より日本の水

数年前から、海外製の超硬水が「痩せる水」として注目を集めました。

 

 

モデルやセレブがみんな愛飲しているとか言われてますよね!?

 

 

痩せる水はダイエットに万能ではない

人のカラダは60%~70%が水分ですから、

 

キレイなお水をたっぷり補給することは美しくなるための基本です。

 

 

 

ダイエットをいくらがんばっても、

 

水分のとり方が少ない人は簡単には痩せにくいのです。

 

 

 

確かにどうせ飲むなら「痩せる水」のほうがいいですよね。

 

それで簡単にダイエットができるとなるととても魅力的です。

 

 

 

もちろん私もかつては「痩せる水」を飲んでいました。

 

 

 

「ダイエットに効果的な方法がある」と聞けば、すぐに試していました。

 

でも、もともと私はお茶とか味のあるものは簡単に飲めますけど、

 

「味のない水を飲む」ということが苦手です。

 

 

 

だから「食事と食事の間に硬水を飲む」というのはけっこう辛かったです。

 

しかもヨーロッパ産の硬水は、何だか味もマズく感じてしまって続けられませんでした。

 

 

 

基本的にどんなダイエット方法であっても、

 

「その人に合うかどうか」という問題があります。

 

 

 

人それぞれ「男性の好み」が違うように、「食べ物の好み」だって違うのです。

 

 

 

ですから好みに合わないものをムリしてとることは決してよくないのです。

 

 

 

どんなにカラダによいものであっても、

 

その人が「マズイ!」と思うものは栄養にはならず、毒になってしまうのです。

 

 

 

どこかの「青汁」のコマーシャルではありませんが、

 

「マズイ!もう1杯!」ということはなかなかありえません。

 

 

 

人は「おいしい」、「食べて幸せ」と感じるものでないと、

 

消化も栄養の吸収もよくないのです。

 

ダイエットにはどんな水を飲むのがよい?

では、ダイエットにはどんな水がいいのでしょうか?

 

 

 

基本的には、生まれ育った地域の水が一番です。

 

日本人には日本のお水でしょう。

 

九州生まれの方は九州の水、関東の方は関東の水、

 

というように「生まれ育った地域」または「長く生活している地域」のものを飲むといいでしょう。

 

 

 

「痩せる水」と噂の海外製の超硬水も、

 

味が日本人の口には合わないということと、

 

もうひとつ、日本人にはちょっとミネラル分が多すぎて

 

逆に内臓に負担をかけてしまうのでは?という点が心配です。

 

 

 

内臓が弱ってはスタミナ切れで痩せにくくなりますし、

 

元気がなくなったり、お肌のくすみにもつながったりします。

 

 

 

たまに飲む分には問題ありませんが、

 

毎日飲む水は日本のものを選ぶようにしましょう。

 

 

 

お水のミネラル成分は多いほうがいいと思っている方が多いようですが、

 

基本的にはどんなミネラル成分も食べ物からとったほうがよほど効率的なのです。

 

 

 

ミネラルはタンパク質(アミノ酸)が一緒になってはじめて腸から吸収されます。

 

タンパク質を含まないお水のミネラルはほとんど吸収されないので、

 

解毒の役割をする内蔵に負担をかけてしまうのです。

 

やっぱり食べ物からとるほうが理想的ですね。

 

 

 

「痩せる水」はありませんが、

 

「ダイエットのためにお水をとることは重要」です。

 

しっかりとよいお水をこまめに飲むように心がけてください。