原形まるごと食のススメ

ダイエット中に食べ物を選ぶとき、皆さんは何を基準に選んでいますか?

 

 

 

カロリー?脂肪分?GI値?

 

 

 

もちろん、どれも気になるところですが、

 

オススメしたいのはこの3つのどれでもありません。

 

ダイエットにおける食べ物選びの方法は

食べ物選びの基準は、

 

「その食べ物がどれだけ原形に近いか」

 

というポイントです。

 

 

 

できるだけ、生成加工されたものではなく、

 

「素材そのものの原形の状態をとどめているもの」

 

を選ぶことが重要なのです。

 

 

 

食べ物をなるべく原形に近い形で食べることは、

 

歯でしっかりと噛み砕き、胃腸などの消化器官をしっかりと動かすことになります。

 

 

 

また吸収する過程で、体内のさまざまな酵素が働くことで分解されて、

 

ダイエットに必要な栄養素が吸収されるのです。

 

 

 

そして、この過程で体内では相当なエネルギーが消費されるので、

 

ダイエットにとってはいいことづくしです。

 

 

 

ところが、精製加工された食品の場合、

 

それほど噛まなくても飲み込めるし、胃腸もあまり動く必要がありません。

 

 

 

基本的に消化吸収にもあまりエネルギーを必要としないため、

 

カラダもなまけてしまい、脂肪を溜め込みやすくなってしまうのです。

 

 

 

それに、キチンと噛むことで満腹中枢も刺激されますから、

 

たくさん食べなくても「お腹がいっぱい!」と感じることができますし、

 

食べすぎを抑える効果もあります。

 

 

 

ダイエット中でも1日1回はしっかりと食べる幸せを噛みしめて、

 

ストレスフリーでキレイになりましょう!

 

ダイエットにはどんな食品を選べばよい?

実際にダイエットにはどんな食品を選べばよいかというと、

 

ごはんなら白米よりも「玄米」、

 

パンなら「全粒小麦のパン」や「雑穀パン」などの種類のものがオススメです。

 

 

 

また、白米でも、栗やキノコなど「原形のままの食材」を混ぜた「炊き込みご飯」にすれば、

 

食物センイやミネラルもたっぷり摂れます。

 

ゴマやワカメなどのふりかけをプラスするのもOKです。

 

 

 

「ダイエットに効果のあるもの=加工していない、素材そのものの形に近いもの」

 

という方程式を忘れてはいけません。