食べ過ぎた翌日はセーブ

とにかくダイエットの一番の大敵は「ストレス」です。

 

ムリして食べないようにするのはNG!

 

 

 

好きなものを我慢するのは本当に大変でストレスがたまります。

 

 

 

「高カロリーなもの」「甘いもの」「アルコール」であっても、

 

その人が大好きなものは「思いっきり楽しんで食べる」というのが

 

実はダイエットにはいいのです。

 

ダイエット中でも食べたいときは思いっきり食べる

好きなものを我慢するというストレスは、

 

脳から「脂肪を蓄えるホルモン」とか「代謝を下げるホルモン」とか

 

いわゆる「太りやすくなるホルモン」の分泌を促してしまうのです。

 

 

 

簡単に言えば、

 

ストレスだけで人は太れるのです。

 

 

 

なので、我慢しすぎはかえって太る原因になってしまうことが多いのです。

 

 

 

ということで、ダイエット中でも食べたいときは思いっきり食べましょう!

 

ストレスをためないのが一番です。

 

食べ過ぎてもOK!

 

 

 

でも、これが毎日続くと、

 

簡単に体脂肪アップ!という事態になってしまいますから、

 

ここが食べる方法のコツ。

 

 

 

飲み過ぎたり、食べ過ぎたりした翌日は、

 

ちょっと食事の量を控えて、

 

排泄を促すものを選んで食べるようにしましょう。

 

 

 

ややこしいカロリー計算で毎日少しずつ食べる量を減らすのは面倒だし、

 

かえってストレスがたまります。

 

 

 

だったら、

 

「食べたいときに食べる→翌日思いっきり減らす」

 

のほうが分かりやすいし簡単ですよね?

 

 

 

食べ過ぎた分を翌日引いてゼロにする。

 

そして、また次の日から気分を一新してダイエットを続ける方法です。

 

食べ過ぎた翌日はセーブするのがダイエットには効果的

なので、食べ過ぎた翌日は、基本的に本当にお腹がすくまで水分以外、

 

何も口にしないようにしましょう。

 

 

 

前日の食事から18時間ほど口にしないことが理想です。

 

 

 

やってみると、この程度なら、意外とお腹がすかないことに気づくはずです。

 

食べなくてもそんなに辛くありません。

 

 

 

それはそうですよね。

 

前日、あれほど食べ過ぎたのですから。

 

 

 

本当にお腹がすいたら、フルーツや野菜などの生の食品を食べてください。

 

カラダの中の余分な水分や糖分、脂肪分を酵素とミネラルの力で排泄してくれます。

 

 

 

ダイエットもボディラインと同じでメリハリが大切!

 

 

 

「ボン・キュッ・ボン」が理想ですから、

 

「ボン・ボン・ボン」とドラム缶体型にならないためには、

 

「キュッ」が大事です。

 

 

 

「ボン!」と食べ過ぎてしまったら、

 

翌日の「キュッ!」を忘れないようにしましょう。

 

 

 

食べ過ぎてしまったら、翌日のセーブ!

 

これが「ダイエットに効果的な食べ方」の方法。

 

ぜひお試しくださいませ。