お酒の飲み方・選び方

「お酒はダイエットの敵!」というのが世間の常識ですが、

 

お酒の飲み過ぎだけが原因でうまくいかない人は、

 

実はあまりいないのです。

 

ダイエットにも影響を与えず健康的にお酒を飲む方法

もちろん、好きでもないのにお酒を飲むのはオススメしませんし、

 

お酒を飲まないほうがダイエットしやすいのは確かです。

 

 

 

アルコールは解毒するのに肝臓に負担をかけ、

 

ホルモン輸送に影響してしまうという問題があります。

 

 

 

できるだけダイエットに影響を与えないようにに、

 

また健康的にお酒を飲むにはどうしたらいいのでしょうか。

 

 

 

改善のポイントは、簡単に言うと、

 

「種類」と「飲み方」にあります。

 

 

 

まずお酒の種類は、酔いやすくて糖分の少ないものがオススメです。

 

 

 

「ウイスキー」「焼酎」など、エタノール濃度が高いもののほうが理想的でしょう。

 

「ビール」「日本酒」などはエタノール以外の糖分が多いのでその分太りやすくなります。

 

控えめにしたほうがよいでしょう。

 

 

 

また、アルコールは脱水症状を起こしやすいのも問題です。

 

ダイエット中は水分代謝をよりスムーズにしておかないと、効率よく脂肪が燃えてくれません。

 

 

 

ですから二日酔いで脱水状態などになったら、痩せにくい状態になりがちです。

 

できればアルコールを飲んだら、「多めの水分補給」を心がけましょう。

 

 

 

そして、締めにはぜひ、味噌汁などのスープ類を1杯いただくのもよい方法です。

 

「シジミ汁」などを選べば、肝臓を癒す効果もあるので、

 

翌日にお酒を残さないためにもオススメです。