寝る前に食べると…?

ダイエットをしていると、「食事の時間」が気になりませんか?

 

 

 

以前から、「寝る前に食べると太る」というのは

 

一般的な常識として言われてきてる部分もありますが、

 

実際は「どちらともいえない」というのが答えのようです。

 

 

「何時に食べるか」より「何を食べるか」がポイント

確かに食事の「量と内容が同じ」なら、

 

寝る前に食べるよりは、寝る3時間前くらいまでに食べたほうが痩せやすいでしょう。

 

 

 

でも、仕事などで夕食はいつも21時、22時になるという方も多いはず。

 

こういう場合は、深夜1時か2時までおきていないとダメ!ということになってしまいます。

 

完全に寝不足になりますよね。。。(;一_一)

 

 

 

しかも、美肌とホルモンのために一番睡眠が必要な「ゴールデンタイム(22時~翌2時)」

 

にまったく眠れないことになってしまいます。

 

これでは、綺麗にダイエットすることはできません。

 

むしろダイエットできたとしても「やつれた」印象になってしまうでしょう。

 

 

 

早い時間に夕食が食べられる環境にある方など、

 

今の世の中、ほとんどいないのではないでしょうか。

 

 

 

食べてすぐ寝るような生活でもダイエットをできるようにするめには、

 

食事の内容を見直しましょう。

 

 

 

たとえ早い時間の夕食でも、

 

ファーストフードや菓子パンといった内容ではあまりダイエット効果も期待できませんね。

 

 

 

まず基本的に抜いてはいけない夕食のメニューは、

 

「汁物(味噌汁やスープ)」と「メインのおかず(肉・魚・卵料理)」です。

 

 

 

これに「生野菜」か「漬物」をプラスすれば料理としては理想的でしょう。

 

ごはんはちょっと抵抗があるという方は、少なめにしてもOK。

 

 

 

軽く済ませたいからと、

 

サンドイッチや菓子パン、パスタ、ラーメンなどの小麦製品メニューばかりを摂るのは冷えにもつながり、

 

ダイエットに必要な代謝を下げてしまうので注意しましょう。

 

 

 

簡単に言えば、ダイエットを心がけるなら、

 

「何時に食べるか」よりも、「何を食べるか」がポイントです。

 

時計よりもお皿の中身に気をつけましょう。