太りにくい食べ合わせ

食べたものが脂肪になるかならないかは、何で決まると思いますか?

 

 

 

カロリーが高いとか、塩分が多いとか、インシュリンを多く分泌するものだとか、

 

いろいろな考え方がありますよね。

 

ダイエットに重要なのは消化できるかどうか

でも、まずダイエットに一番重要なのは

 

「ちゃんと消化できるかどうか」

 

なのです。

 

 

 

どれだけたくさん食べても、

 

きちんと消化されれば脂肪にはなりにくく「太らない」

 

というわけです。

 

 

 

日本には昔からの言い伝えで、

 

食べ合わせがよくないものがあります。

 

 

 

「うなぎと梅干」「てんぷらとカキ氷」などです。

 

 

 

これは確かに消化されにくい組み合わせで、

 

お腹をこわしたりしないようにと今も信じられています。

 

 

 

しかし、他にもいろいろな食べ物の組み合わせ(食べ合わせ)で、

 

消化されやすくなったり、

 

逆に消化されにくくなったりするということは、

 

あまり知られていません。

 

 

 

ちょっと栄養学的な話になりますが、

 

  • 「タンパク質」の消化のためには、「酸性」
  • 「糖質(炭水化物)」の消化のためには、「アルカリ性」

 

の環境が必要なのです。

 

 

 

簡単ダイエットに良い具体的な食べ合わせ方法は、

 

  • かんきつ類などフルーツは、食事と別に食べる
  • 食事の前には水を飲まない(氷が入ったものは特にNG!)
  • トマトは緑の葉物野菜と一緒に摂る

 

と、こんな感じです。

 

 

 

フルーツは食事とは別に間食として摂るほうが消化がよいのです。

 

 

 

食前のお水、これはほとんどの人が飲んでいるでしょう。

 

レストランに行けば最初に必ず氷の入ったお水が出てきますよね。

 

 

 

でも、これが、消化のためにはよくありません。

 

胃の消化酵素の働きが悪くなり、冷たいと胃の細胞がマヒして動きにくくなってしまうのです。

 

 

 

食べ合わせを完璧にするのは難しいですが、

 

消化を意識しながら食べるとダイエットの効果が上がるのは事実です。

 

 

 

日ごろの食事では、

 

まず「フルーツの摂り方」「お水の飲み方」だけでも

 

ダイエットのために心がけてみませんか?