体重・体脂肪率のチェック

皆さんは、どんなときにダイエットがうまくいった!と感じますか?

 

 

 

大好きな洋服が着られたとき?

 

誰かに「痩せたね~!」と言われたとき?

 

 

 

やはり一番多いのは、「体重が減ったとき」なのではないでしょうか。

 

ダイエット中じゃなくても体重計には定期的に乗りましょう

体重は体全体の重さを表す数字なので、

 

正確にはやせたか太ったかの判断はできません。

 

 

 

でも、やっぱり気になりますよね。

 

 

 

たとえダイエットをしていないときでも、

 

できれば2週間に1回は体重計に乗る習慣をつけましょう。

 

 

 

「怖くて体重計に乗れない!」と思い始めて乗れなくなったら、

 

すでに太っている証拠です。

 

 

 

その後もずっと体重計に乗らなければ、

 

脂肪の増加は簡単には止められません。

 

 

 

そうならないように、

 

体重計には定期的に乗ることが大事だと思います。

 

 

 

また、ダイエット中には、1日何度も体重計に乗りたがる人がいますが、

 

これはかえってストレスをためることがあります。

 

 

 

1日1回「同じ時間、同じ服装、同じ体重計」でチェックしましょう。

 

 

 

たとえば、「朝起きてトイレに行った後」、「夜お風呂に入った後」などがオススメです。

 

重要なダイエットのチェックポイントは「体脂肪率」

もうひとつ、重要なダイエットのチェックポイントは、「体脂肪率」です。

 

 

 

皆さんご存知だとは思いますが、

 

「肥満=体重全体の重さのうち、脂肪の重さの割合が多い状態」

 

ですから、太っているかやせているかを正確に判断するためには、

 

「体脂肪率」をはからなければならないのです。

 

 

 

最近では、家庭用の体脂肪計もだいぶ普及してきているので、

 

だいたいの方は自分の体脂肪率を知っているのではないかと思います。

 

 

 

女性の場合は、20~25%の体脂肪率であれば、適正な範囲です。

 

 

 

これよりも多ければ、やはりダイエットが必要でしょう。

 

 

 

ただし、体脂肪率は体重とは違って、

 

毎日はかってもあまり意味がありません。

 

 

 

週に1回、または2週間に1回くらいのペースで、

 

増えているか、減っているかをチェックする方法をオススメします。