ストレスをためない

ダイエットはとにかくガマンだと考えていませんか?

 

 

 

でも、「食べちゃいけない」と思えば思うほど、

 

なぜか逆に食べたくなってしまうもの。

 

 

 

それはストレスがたまってしまうからなのです。

 

 

 

つまり、ストレスがかえって食欲を生んでしまうのです。

 

ストレスからくるダイエットのジレンマ

そんなとき、あなたは

 

「この程度なら許されるでしょ」と言い訳しながら、

 

ポテトチップスをちょっと、クッキーを1枚・・・

 

とつまみ食いしているのではないでしょうか。

 

 

 

でも、それで食欲がおさまるかというと、

 

そんなことはありません。

 

 

 

満足感がないので、

 

さらに何か食べたくなって結局ダラダラと食べてしまって、

 

あげくに「またやっちゃった」と罪悪感でものすごく落ち込む・・・・。

 

 

 

この「ストレス→リバウンド」の繰り返しは、

 

典型的なダイエット方法のジレンマです。

 

 

 

うまくいかない原因は、

 

ストレスという名の「ココロの栄養失調」です。

 

 

 

「あ~、おいしかった」、「あ~、幸せ」と

 

心が満たされないから、

 

いつでも心が飢餓状態なのです。

 

 

 

こんなやり方では長続きしないのは当たり前なんです。

 

ストレスをためないことがダイエットを継続させる方法

ダイエットを継続させる方法としては、

 

カラダに栄養をプラスすると同時に、

 

ココロにも栄養をプラスしていき、

 

ストレスをためないことが重要です。

 

 

 

「今日は思いっきり食べたい!」と思ったら、

 

がっつりステーキでもフライドポテトでも食べましょう。

 

 

 

おいしいスイーツが食べたいならそれもOK。

 

 

 

それがストレス解消になって、

 

心の喜びや満足感につながるのであれば、

 

それでいいのです。

 

 

 

ここでお伝えしたいのは、

 

「ガマンしないこと」、「罪悪感をもたないこと」

 

をまずは意識してほしいということです。

 

 

 

もちろん、これだけで簡単かつ自然ににダイエットができるわけではありません。

 

 

 

今食べているものを変えなければ、

 

体重も体型もそのままです。

 

 

 

食べる楽しみを満喫しながら、

 

食生活に小さな革命を起こしましょう。