消化できる胃をつくる

胃は食べたものの最初の受け皿となる臓器です。

 

 

 

食べたものはここでまず消化されて、

 

吸収しやすい状態に分解されます。

 

 

 

そのため、胃が悪くてしっかり消化できない方は、

 

非常にダイエット効果が出にくいということです。

 

しっかり消化できる胃がダイエットにつながる

胃が悪い人というと、やせているイメージですが、

 

そういう方ばかりではありません。

 

 

 

暴飲暴食で胃が疲れているという方もそうですが、

 

とにかく栄養不足が原因で

 

ダイエット効果が出にくいというタイプの方はとても多いのです。

 

 

 

栄養は「どれだけ口に入れたか」が問題なのではなくて、

 

「どれだけ吸収されたか」が重要です。

 

 

 

ダイエットするためには、

 

代謝に必要なビタミンやミネラル、アミノ酸などの栄養を

 

しっかり吸収できなければいけません。

 

 

 

栄養をたっぷり吸収したら太りそうと思うかもしれませんが、

 

そこが間違いなのです。

 

 

 

「栄養満点、しっかり吸収!」

 

これがダイエットに効果的な食事です。

 

 

 

では、どのようにしてしっかり消化できる胃をつくればいいのでしょうか。

 

ポイントは、

 

温めて癒す

内臓を作るたんぱく質をしっかりとる

 

という2点です。

 

温めて癒す

胃の不調を抱えている方の食事には、

 

温かいメニューを選ぶことが大切です。

 

 

 

胃の消化酵素がもっとも働きやすい温度は36度くらいですから、

 

冷たいものは控えたほうがいいでしょう。

 

 

 

食事の前にミネラルウォーターを飲むのもNGです。

 

 

 

これは胃の丈夫な方にはあっているダイエット方法かもしれませんが、

 

胃の弱いタイプの方は、冷えるし消化酵素も薄くなって

 

余計に消化力がダウンしてしまい、

 

ダイエットには逆効果の方法です。

 

 

 

食事とは別に水分をとるのではなく、

 

食事の中で水分を多くとることが理想的です。

 

 

 

味噌汁やスープなど、温かいメニューをできれば毎食取ることにしましょう。

 

内臓を作るたんぱく質をしっかりとる

そして、何といっても胃は「たんぱく質」という栄養素からできているので、

 

その材料となる肉や魚、卵料理をしっかりとることが大切です。

 

 

 

いわゆるメインディッシュとなるおかずを1日2回は食べましょう。

 

 

 

パスタや麺類、サンドイッチや菓子パンなどで済ませてしまう食事では、

 

胃のもとになるたんぱく質はまったく足りません。

 

 

 

また、パンや麺は、原料である小麦粉がカラダを冷やしてしまいますから、

 

さらに困ったことになります。

 

 

 

たんぱく質は消化が大変なので、

 

野菜のサラダやつけ合わせを一緒にとることもポイントです。

 

和定食は胃にやさしいダイエットメニュー

サンマの塩焼きには、大根おろしがかかせませんね。

 

 

 

これは生の大根に含まれる「酵素」が魚のたんぱく質を分解して、

 

消化しやすくしてくれるという食べ合わせなのです。

 

 

 

これぞまさに日本人の知恵です。

 

 

 

ご飯と味噌汁と魚のおかず。

 

やっぱり和定食が胃にもやさしくダイエットにも理想的なメニューなのです。

 

 

 

「料理はできないわ」という方は、

 

定食屋さんに行ってみるのもいいかもしれません。

 

そして、できるだけゆっくりと食事することも心がけてください。

 

 

 

仕事をしながら、テレビを見ながらでは、消化も悪いですからね。

 

 

 

「お肌は内臓の鏡」というように、

 

肌荒れしている方は、胃の内壁も荒れています。

 

 

 

温めてたんぱく質をしっかりとれば、

 

胃の不調が改善してやせるだけでなく、

 

ダイエットによって手に入る愛されボディには

 

欠かすことのできないお肌も整えてくれるのです。